早稲田大学文学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

早稲田大学文学部の偏差値

早稲田大学文学部の偏差値

早稲田大学の文学部の偏差値は67.5とされ、文系の学部でも7番目に偏差値が高い学部ということができます。

他との併願により出願されるケースが多く、文学部内には15のコースに分かれているため、興味がある分野を学ぶことができる特徴があります。

入試ではセンター試験による入試に対応し、その得点率は92~94%となりますので、難易度も高いです。

卒業後は研究者の道や教師、一般企業に就職、特に新聞社・出版社などのマスコミ関係にも強いのが大きな特徴となります。

2016年度は募集定員は440名で、その定員に対して8,638名の志願者が志願し、19倍前後の倍率を維持しており、文系学部の中でも人気の学部の一つです。

一般入試の受験科目は、国語・外国語をメインとして地歴の3教科の受験となります。

早稲田大学文学部の特徴

早稲田大学文学部の特徴

早稲田大学文学部の特徴は初年度は必修科目と自分が選択した科目を学ぶ事です。上の学年に進むと専門のコースがふえていきます。

場合によっては外国語の習得のために留学をする方がいます。早稲田大学文学部の特徴は国語と英語の能力が高い学生が多い点です。

この学部で学んだ先輩で小説家になる方がいます。これは入学試験時に要求される国語力と英語力を必修科目や選択科目を学ぶ事により高めているからです。

早稲田大学文学部の特徴は自由な校風の中で自分の興味がある内容について学ぶ機会がある事です。また教職課程を取得する事ができるなど、将来的に役立つ勉強ができます。

日本にある多くの大学のなかで、専門の知識をもった方から学ぶ事が可能です。

早稲田大学文学部の入試情報

早稲田大学文学部の入試情報

早稲田大学文学部の入試は数種類あります。まずは募集人数の多い一般入試ですが、一般入試には外国語、国語、地歴の3教科の成績で合否判定するものがあります。

また、事前に行われる英語4技能テストのスコアシートを出願の際に同封し、一定のスコアを満たしている場合に国語、地歴の2教科の成績で合否判定するものの2種類あります。

次に挙げられるのは大学入試センター試験利用入試です。大学入試センター試験利用入試には「センター+一般入試方式」と「「センターのみ方式」の2種類があり、これらは併願受験が可能です。

また、帰国生入試や外国学生入試、推薦入試なども用意されています。入試情報についての詳細は早稲田大学の公式ホームページに掲載されています。