明治大学文学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

明治大学文学部の偏差値

明治大学文学部の偏差値

明治大学文学部の偏差値は、学科などによって異なりますが、57.5~5~62.5程度であるとされています。

学科は日本文学、世界文学などの学科をはじめとして、史学、地学、心理学、現代社会学などの学科も充実している学部となっています。

入試形態としては、一般遊学試験として全学部統一入試、一般選抜、センター利用入試の三つがあります。センター利用入試の場合には得点率は84~89%が必要だとされています。

これらの出願方式はWeb出願で統一されています。さらに、特別入試として自己推薦特別入試や社会人、留学生、編入生などを対象とした特別入学試験も用意されています。

自己推薦特別入試は、入試以前に小説や論文などですでに成果を上げている人が対象とされています。

明治大学文学部の特徴

明治大学文学部の特徴

明治大学には文学部があります。学部内には文学科・史学地理学科・心理社会学科と大きく3つの学科に分かれているのが特徴です。

さらに、この3つの学科は専門分野別に13の専攻に細分化されています。明治大学の文学部のせいとはひとつの専攻に所属することになります。

しかし、専攻分野以外にも他専攻や他学科の科目も選択できるのも特徴です。そのため、専攻に囚われることなく自分の興味ある分野について学ぶことができます。

また、明治大学文学部の特徴としては少人数ゼミナール形式の科目が多くあることです。少人数の授業だからこそできる指導を行っているのです。さらに、自由な精神を尊重しているため基本的には生徒の自主性を重んじています。

明治大学文学部の入試情報

明治大学文学部の入試情報

明治大学と言えば、東京6大学の中堅だという位置づけです。この大学の特徴は、学力だけでなく、スポーツなどの能力がある人が多いです。

就職しましても、我慢強さにより、会社での高い評価を受けられることです。文学部に関しましては、あまり評価が高くはないですが、明治大学ということだけで、好評価を受けられる位置づけです。

入試情報を見ますと、基本的には、文系に適する学問を重点的にしている人でなければ、合格できないです。国語、英語、歴史などの能力が必要になるということです。

文学部と聞きますと、就職をしても即戦力にならないと考えられますが、そもそも優秀な人が、都会のセンスを発揮して、あらゆる場で活躍できるはずです。

受験生にとっては、とても人気がありますので、しっかりと学習しなければ、現役で入学することは難しいです。