上智大学文学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

上智大学文学部の偏差値

上智大学文学部の偏差値

上智大学は、東京の有名な私立大学の一つで、ライバル校としては早稲田大学や慶応義塾大学、国際基督教大学などがあります。

上智大学の文学部の偏差値は、60から62ぐらいです。上智大学合格者の出身校は、一番多いのが埼玉県の私立淑徳与野高等学校でその次が東京都の女子学院高等学校です。

公立高校では、東京の都立国際高等学校が5番目に出身者が多いです。上智大学では、法学部や経済学部が偏差値が高く、偏差値が一番低いのが神学部になります。

文学部は真ん中ぐらいになります。文学部の中では、国文科や英文科、ドイツ文学科、史学科、新聞学科が偏差値が高く、フランス文学科や哲学科は少し低めになります。就職率は、80%ぐらいです。

上智大学文学部の特徴

上智大学文学部の特徴

上智大学の文学部の特徴は、高い語学力を身に着けることが出来るレベルの高い授業を受けられるのが特徴です。

外国語学部が看板学部の上智大学ですが、文学部にも偏差値が高い学科は多く、特に英文や国文、史学などはレベルが高く入試の際の問題も難易度が高いことで知られています。

上智大学文学部は、上智大学が独自に行っているTEAPという英語の資格を使って受けることが出来ます。その場合英語の受験が免除になりますので2教科で受験をするとになります。

これをTEAPと呼び一般受験とは問題も異なります。文学部は他大学には珍しい新聞学科という学科があり、他の学科よりは比較的入りやすい学科として他の学科と併願する人が多いことで知られます。

上智大学文学部の入試情報

上智大学文学部の入試情報

上智大学文学部の入試情報としては、入試の形式について知っておく必要があります。日本の高校生が受ける主要なものでは、大きく分けて、一般入試と推薦入試があります。

一般入試では、英国と数学もしくは社会の3科目によるものと、TEAPという英語の試験を事前に受験しておいて入試当日に国語と社会の2科目を受ければ良いだけという試験もあります。

推薦入試では、指定校推薦、公募推薦などがあります。指定校推薦は、上智大学から指定された各高校での推薦基準を満たした生徒が出願することができます。

公募推薦では、上智大学から指定された成績や語学資格などの出願水準を満たしている人が出願することができるようになっています。

入試には事前に準備が必要なので、こうした基準は早めに確認しておきましょう。