青山学院大学文学部の偏差値や特徴、入試情報を詳しく解説!

青山学院大学文学部の偏差値

青山学院大学文学部の偏差値

青山学院大学文学部の偏差値は、入りたい大学ナンバーワンに選ばれるだけあって高めです。

看板学部ではありませんが、文学部では英文学科がとくに有名で、有名芸能人やアナウンサーなどマスコミ関係に就職する卒業生も多くいます。

具体的な偏差値は英米文学が60前後、日本文学とフランス文学が50代後半ですが、どの学科も受験時の倍率は非常に高く、年々入りにくくなっています。

青山学院大学は以前は1、2年校舎は他県にありましたが入学時から卒業時まで青山キャンパスで学ぶことが出来るようになりました。

都心部の便利でおしゃれな環境で学ぶことが出来る環境にあこがれ受験者数が急増しているため、偏差値や人気は今後も上がることが予想されます。

青山学院大学文学部の特徴

青山学院大学文学部の特徴

青山学院大学文学部の特徴は、特に英米文学科が学部内でも看板学部と呼ばれ、偏差値が最も高い特徴があります。

文学部は少し前までは神奈川県で入学時から2年次まで授業を受けることになっていましたが、都心回帰の流れで4年間青山キャンパスで学ぶことが出来るようになったため、偏差値が上昇傾向にあります。

どの学科も文学を志す真面目な生徒が多く、派手なイメージとは裏腹に学内の雰囲気は意外と落ち着いているのが特徴です。

偏差値が高めの難関大学ですのでファッショナブルなイメージの街にありながら生徒たちの素行は良く、文学部は特にまじめに文学に取り組む生徒が多いのも特徴です。

学科によっては卒論が無い学科もあるのも大きな特徴と言えるでしょう。

青山学院大学文学部の入試情報

青山学院大学文学部の入試情報

青山学院大学の文学部を受験する時のポイントとしては、入試情報にもある通り英語の配点が他の科目の配点の2倍ですので英語が得意な人には大変有利な受験と言えます。

文学部の受験は英語、国語、その他選択科目で受験する方法や外部で受験した英語の資格を使う方法、指定校推薦などがありますが、一般受験の場合英語がかなり得意でないと合格は難しくなります。

特に難易度の高い英文学科は青山学院大学文学部の看板学科とも言えますし、帰国子女も多く在籍する学科です。

そのため入試の際の英語力も当然その程度は必要とされますので、文学部を志望する学生は英語を重点的に学習しておくと良いでしょう。筆記形式ですので語彙力をつけておくのもポイントです。