文学系大学一覧!文学系大学で偏差値の高い大学はここ!

早稲田大学文学部の偏差値は?

早稲田大学文学部の偏差値は?

早稲田大学は私学の雄ということで、どの学部も偏差値が高めです。早稲田大学文学部も例外ではなく、偏差値は65程度と言われています。早稲田大学文学部では語学を中心に学び、英語・第二外国語に加え、その他の外国語も学ぶことが可能なカリキュラムとなっています。2年生からは外国語、心理学や哲学などの多彩なコースから、それぞれの専門的な学びができるようになります。早稲田大学文学部の入試情報については、外国語・国語・地歴(歴史は日本史Bもしくは世界史B)の3科目です。配点は外国語と国語それぞれ75点、地歴が50点となっています。国語の問題のレベルが極めて高いことが特徴です。

慶應義塾大学文学部の偏差値は?

慶應義塾大学文学部の偏差値は?

慶應義塾大学文学部は、大学受験パスナビが公表している受験偏差値は65.0であり、日本の私立大学において最も入試難易度の高い文学部であると言っても過言ではありません。慶應義塾大学文学部は17つの専攻、2つの部門という幅広く横断的な専攻分野と、専攻選択は2年次からという自由さが特徴の学部です。入試科目は外国語、地理歴史、小論文から成っており、テストの点数だけでなく文学部に合った人材であるのかどうかなども受験時に試されます。

偏差値55以上全国大学偏差値ランキング2018年

上智大学文学部の偏差値は?

上智大学文学部の偏差値は?

上智大学文学部は、日本の語学系私立大学の最難関と呼ばれるほど難易度の高い学部です。特に英語を学ぶ学科の偏差値は他の学科より高めですが、全体的に有名私大の中でも上智大学文学部の難易度は群を抜いて高いのが特徴です。近年首都圏の有名私大は合格者数を絞る傾向にあり、上智大学文学部でもその傾向は同じです。そのため補欠を大量に出すことでも有名という特徴がある大学です。文学部の入試問題は、どの強化も極端に難易度が高く、答えられない人が続出する難問ぞろいと言われています。

経済学部偏差値ランキングはこちら

明治大学文学部の偏差値は?

明治大学文学部の偏差値は?

明治大学文学部の偏差値は57.5~62.5程度で、平均して60.8だとされています。倍率は4.2~14倍で、平均倍率は6.6倍です。文学部の入試には、出願者の志願する閃光の学問分野における明確な目的意識と、それに対する研究意欲を評価するための「学問一芸」を求める推薦特別入学試験というものが設けられています。大学入試以前に小説や論文を書いているなどの成果の有無が問われる試験になっているという特徴があります。

青山学院大学文学部の偏差値は?

青山学院大学文学部の偏差値は?

青山学院大学文学部は全国的に人気の青山学院大学の一学部です。文学のほか、歴史学、哲学等について学ぶことができ、男女とも志願する人が多いため人気があり、難易度も高い学部です。偏差値も法学部などと比べると若干下がりますが、全国的にみると高い難易度を誇っています。入試の特徴としては典型的な文系型の入試だといえ、英語や国語、日本史や世界史といった社会の基本的な理解度が試される入試になっており、地道な努力が合格につながります。